VS海軍本部 大学院への道part22

前回のお話はこちら

本編

いざ参ろう!ボス戦!!

気分はゼルダのボス部屋の一歩手前。

待ち構えていたのは3人の教授陣。全員知らない人(そりゃそうだ)
なんでこう教授とか大人は「圧」を出すのがうまいんですかね?
特別な訓練でも受けてるのでしょうか?
友人談だと東工大はもっと多かったらしいですが。

ちなみに試験の流れとしては

口述試験(数学)→面接

の流れで最初に問題をホワイトボードに解かされました。
正直ホワイトボードに書く練習とかしてなくてずっと独り言ブツブツいいながら
ノートで解いていたからうまくいくか心配でした

問題をめくる瞬間、一番のドッキドキですよね!

 

…が

問題見た瞬間。

 

勝った

圧倒的ボーナス問題

3問中2問は瞬殺レベル。むしろ、え?ここまででいいの?
続きあるんじゃない?って感じ。

これは心の中でガッツポーズを決めましたし、
勝利をほぼ確信しました。

 

後日談にはなりますが、
この年の推薦試験の倍率はほぼ「1倍」だったので
色々とお察しです。今までの負の病の蓄積がここで精算してくれたのでしょう。

次回「面接官の圧に打ち勝て!」