すずかけキャンパス何もねえ 大学院への道part14

前回のお話はこちら

本編

 

専攻公開では、いろんな研究室がポスターセッションのようにスペースごとで研究室内での研究について話したり、興味のある学生に対して研究室での過ごし方とか教授はどんな人かなど志望者の質問にいろいろと答えてくれます。

希望すれば、実際に研究室の中を見せてくれたりして実際に研究室にいる学生とお喋りしたりすることができます。
ちなみに普段の姿が見れるかといえば、そうでもないです。
というのも、私も研究室に入って研究室公開の時期になるとシフトを組んだりとか準備で時間を使うので、それなりに真面目な格好して研究のふりしてたので、参考程度に雰囲気を掴めるとベストだと思います。

ただ、研究室の設備や雰囲気はすぐわかるので自分がどういった環境で研究ができるのかがわかるのはいいと思います。オープンスペースなのか仕切りがあったりすのかなど研究室によって環境は様々です。

教授や研究室の評判について気になる人も多いかと思いますが、
今所属している研究室の学生に「研究室の居心地」「教授の悪評」とか聞いてもあまり意味がないと思います。当たり前ですが、基本いいことしか言いません。たまに遠回しでdisったりしますが。

客観的な評価が欲しければ、似たような分野でかつ距離が近い別の研究室のところに行って、「実は○○研も気になっているのですが、先生ってどんな人ですか?」とか聞くと、色んな話が聞けると思います。

そういう意味も込めて色んな研究室の発表を回りながら、第一志望の研究室の評判を獲得していきましょう!

専攻公開終わった後は
すずかけ台駅から大学まで歩いて帰ってきましたが、
全くと言っていいほど何もなかったです。(当時の記憶を遡りながら)
多分、別の方面にスーパーとか色々とあるのでしょうが、
駅から大学までの道のりで覚えているの「ローソン」くらいでした。

ミーハーな私はおかげで志望度が少し下がっちゃったのが残念ポイント。

次回「ホモ」