ようこそ東京の田舎へ 大学院への道part13

前回のお話はこちら

本編

外部への専攻説明会の時期です!
ここでようやく憧れ?の志望校(候補)に足を踏み入れます!
第一回は東工大すずかけキャンパス
(まぁ、第二回で最終回になるんですが)

飛行機とか宿の予約は以前の同人活動で習得したので
問題なし!
同人活動がこんなとこで役に立つだなんて(こじつけ)

関東の国公立って一部除いて基本辺鄙な場所に設置されているの謎。
まぁ東工大なら大岡山というメインキャンパスなら都会の部類に入るかもですが、
私の志望していた研究室はすずかけ台だったので、かなり電車移動しました
気づいたら異世界転生してた。

すずかけ台、昔の地元の駅並(平屋的な感じの駅)だったので、
懐かしさを覚えつつも、東京?という疑問の種を頭に植えてしまうことに。
え?え?田園都市線ってそういう意味だったんですか?
渋谷にいる時はめっちゃ都会気分だったんですが?

もちろん専攻の前の日は秋葉に寄ってたと思います。記憶ないけど、
寄ってないとおかしいです。

余談ですが、感覚として難易度的にすずかけ<大岡山というのが勝手ながらの印象です。
そもそも存在する研究科も違うから出題問題が違うってのはわかるけど明らかに問題のレベル違う気が…

 

次回「すずかけキャンパス何もねえ」