シリーズ物

キャッシュレスめ!

キャッシュレスめ!

キャッシュレス決済がいろんなところで普及したおかげで、
キャッシュレス生活が捗って楽ですねー

この生活に慣れてきたたため、現金を持ち歩くことが少なくなりました。
一応、万が一のために札を入れているくらいで小銭は正直いらない。

でも、お店によっては現金オンリーのところもあってそういうときに現金が必要になるのですが、
ランチで入ったところが現金オンリーのお店で支払いのときに現金出そうとしたら

全然足りなかったんですよね、お会計。

あれ?この前お金卸した気がするんだけど…ないなぁ。レシートしかねぇ。
と焦りながらお店の人に

オカネ、ナイデス

とカタコト日本語を交えながら近くのコンビニATMに駆け込みました。

いやーまさかコロナ生活の中無銭飲食で逮捕とかシャレにならないですね(汗)
あ、塀の中もソーシャルディスタンス守られているのかな?
檻も一つ飛ばしだったりして?(貧困な刑務所のイメージ)

みなさんも、現金の持ち合わせ不足には気をつけましょう。
無銭飲食の疑いかけられないようにね

この問題の解決方法って二択だと思っていて、

①お店側がキャッシュレスに対応する
②ユーザーが現金を持ち歩く

①が時代の流れに沿ってくれて嬉しいけど、キャッシュレス決済って手数料かかるから利益が減ってしまうんだよね…
個人経営だと現金支払いのほうが喜ばれる理由もこの手数料の存在知って納得しました。

家に帰ってレシート整理してたら、諭吉さんがでてきたので、
財布のスマート化を怠った私が悪かったことがわかりました。