ChargeSpotでシュバッとスマホ充電!

スマホの充電がない!しかしこのご時世にして充電器を持っていない!
そんなとき最近たびたびお世話になっているのが、

ChargeSpot

ピカチュウがCMに出てくるアレです。
ポケモンのCMじゃないよ。

私も電車の広告か何かで見た覚えがあります。
ただ、実物は実際に使おう!って思ったときにしか視界に入っていませんでした

そう、やつらはうまく街ナカに潜んでいるのです…

■ChargeSpotはどこにある?

事実、ドーンっ!と店の前に設置というより、すっと端の方においてあることが多々あるので意識していないと見つからないのが現実(笑)
ChargeSpotを提供している会社もいろんなお店に置いてもらっているという状態なので空きスペースにしか置けないって感じかな?
大体店の中にあるため、店が営業時間外だったら、閉まっていて利用できない…ってケースもあります。

じゃあ探すのに苦労するじゃん…って思うかもしれないですが、心配ご無用。
基本的にChargeSpotの場所は専用アプリから近くのどのお店に設置しているかを教えてくれるので、
GoogleMap感覚で充電器を探すことができます!
しかも、貸出可能数、返却可能数、営業時間まで表示してくれるので、

「行ったけど充電器なかった…」っていうことにはなりません!

■使い方 How to…?

レンタル方法はすべてアプリ完結しているため、まずはアプリをダウンロード。

「Charge Spot」と調べて、

次に支払い方法を決めて準備完了!

ちなみに決済方法はクレカ、キャリア決済、LINEPay…
いわゆるキャッシュレス決済に特化しています。コンビニ支払いは今のところできないので、現金派は門前払い。

政府もキャッシュレス推ししているので、現金派は早くキャッシュレスに移行しよ、クレカも作っちゃいなよYOU

え?それだといくら使ったかわかんないから怖いって?

…それってお金の管理できてません。って公言してるもんじゃ

――と話がそれてしまった。この話はまた別話ですもんね。
ChargeSpotの話です。決済方法決めたら次は
GPSからChargeSpotの場所を見つけ出し、サイネージ画面に表示されるQRコードを読み取ることで
レンタル開始です!
ガコッと充電器が一個飛び出てくるのでそれを使って充電できるのです!

■対応コネクタは3つ!

対応コネクタは以下の3つ

ライトニングケーブル
USB-C
microUSB

ちなみに返却するときは同じくChargeSpotを探して、空いている箇所に差し込めば返却完了です。
サイネージ画面にレンタル時間と料金が表示されます。

■価格は150円(税抜)~

最初の1時間150円(税抜き)
以降48時間まで+150円(税抜き)
48時間オーバーで手にしている充電器を強制的に買い取り(2,280円)となる

充電器手に入るから損ではないが、同じ値段クラスなら他にもっといいもの買えるので、
くれぐれも返却忘れだけは気を付けて…!

■クーポンは1時間分無料が随時!

ポケモンGOの公式サイトにChargeSpotで使えるクーポンを随時配布しています!
1回きりってわけではなく期間空いて気づいたらまた新しいクーポンが発行されている…って感じです

中身は168円分クーポン(最初の1時間相当)なので、ちょっと充電したい!って時には使うしかない!!

■デメリット

アプリが使えるってのが前提なので
充電0パーで死んでる場合は、どうしようもない。
ってのがこのサービスの欠点。

そういう時はおとなしくコンビニで買おう

というのも、
貸し出しを行うにはQRコードで読み込みが必要なため、別のスマホを使うか、どこかで少し充電するかの必要があります。
だったら、そこで充電するわ、別のスマホ使うわ!って気持ちになるわけで…

20%切ったら行動するようにしよう!

20%は0%

正直都内だと数が多いのでChargeSpotを探すのにそこまで苦労しないと思いますが、地方だとわりかし苦労するかもしれない…
一応、今後は観光地などにも設置を目指していく方向性でがんばるみたいなので、
観光先でチャージャー借りて、帰りに返却するということもできるようになるかもしれないっすね

しかも、世界に展開していくこと考えたら、国を超えて借りることもできるのか…!?
いや、電圧の問題とかどうだっけ?