切羽詰まると逃避行したくなる 大学院への道part26

前回のお話はこちら

本編

大学院合格した後で研究に取り掛かるのって非常に良くないと思うの。

受かった後に研究向いてないかも…って気づいてもまぁ遅いわけですし。

そんなこと言ってもやらないと卒業できないのでがんばります!
でも、人間だからくじけちゃうもの。

こういうとき、車持っている友人は貴重な存在って思いましたね。
ちょっと遠出するときに車あるのほんと便利。
維持費とか考えるのなんともですが…

ところで昔の写真って残ってないのかな…とgoogleにアクセスしてみる

 

googleフォトさんさすがっす。昔の写真もよく残ってました

今見ると、このお言葉も運気アップのお言葉だったのかもしれませんね。
尖らず平凡にかつ基礎をおさえましょう。

つまり、さよなら厨二病

福岡といえば、梅ケ枝餅。私はもっとランクの高い松ヶ枝餅派ですけどね。
できたての熱々さと周りのパリパリがたまんない一品です。

ぜひ福岡に遊びに来た際には買っていこうね!

学問の神様、お願いします。卒業させてください。

早くこの苦痛から開放させてぇ…!
学生は定期的にこの苦痛に見舞われるので月額祈祷とかほしいっすよね。
サブスク的な。

サブスクあっても、そんな頻度で行かないからあんま需要ないかな…
とか最近行ってないと思うと久々に行ってみたくなりますね。

 

ちなみにその友人と太宰府天満宮デートとここさけデートしました。
「心が叫びたがっているんだ。」は文化祭の劇で成瀬が体育館の入り口から歌いながら現れたときは涙がもうホロホロこぼれ落ちるほど超激感動。
今、この文章を書いてるときでさえ思い出身震いで涙出そうです。

終わった後、一緒に見た友人から「鼻すすりうっせぇ」ってマジおこされたので、
感動映画を一緒に見るときは気をつけます。

ちなみにその友人から最近連絡が来て飲みましたが、
胃に穴空いてマンションやってるとか。
知らない内に人生こんなに分かれ道進むもんだなぁ。

 

次回は最終試験、卒論審査です。くじらじゃないよ。

次回「二度死ぬ男」