ふるさと納税

アニメ作品とふるさと納税

最近は東京03がやっている『さとふる』のCMが馴染み深いふるさと納税。
段々と浸透している気がします。

ふるさと納税といえば、寄附すると地方の食べ物が大量に返礼品として送られてくる印象がありますが、それ以外にもアニメ作品の返礼品もあるのはご存知でしょうか。

 

アニメ作品の舞台となっている聖地を応援しようという一環でふるさと納税があり、中にはふるさと納税でしか手に入らない限定品ものが用意されている作品もあったりします

通年で募集している作品もあれば、期間限定で募集している作品もあるので、定期的に情報収集し、好きな作品は公式HPをチェックして漏らさないようにしましょう!当サイトでも限定品や気になるものについてなるべく紹介していこうと思います。気になる作品が見つかったらそのまま寄附しちゃってください!

アニメ作品のふるさと納税がある場所

ふるさとチョイス

アニメファンド

この辺がメインどころになるのではないかと思います。
ふるさとチョイスの場合は検索キーワードにアニメの作品名を入力して調べればOK

普通にgoogleで「アニメタイトル ふるさと納税」でググればよくない?

そもそもふるさと納税とは?

地域活性化を図る国の施策

返礼品が嬉しい

2,000円の負担で

自己負担額2,000円でそれ以外の寄附金はすべて所得税ないし来年度の住民税から控除されます。ただしその年の年収によって控除してくれる上限は決まっているので、

シミュレーターなどを利用して、限度額を調べましょう。

例えば、年収400万円の独身の人で簡単なシミュレーションをしてみましょう。

すると43,000円と出ました。つまり、43,000円分を上限に寄附すると、そこから2,000円を引いた41,000円分を所得税及び住民税から控除してくれます。サラリーマンの場合だと、来年度の住民税から控除されると思っていただければ大丈夫です。

<以下、最後の方のページに持っていく>

今回のふるさと納税、寄附だけしていてはダメです。控除を受けるには寄附した証明を送って申請する必要があります。

私はこれだけ寄附したので、控除してちょ。って国に申請します。その方法が「確定申告」か「ワンストップ特例制度」のどちらかです。

控除の仕方はふるさと納税のサイトにわかりやすく載っています

https://furunavi.jp/c/about_onestop?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=onestop&gclid=CjwKCAiAwKyNBhBfEiwA_mrUMpYKeUbYs1nQhmCZaje8B-r9OFrGQC50ppzS36rlrPewjyvlPFWuIBoCbUkQAvD_BwE

確定申告は割愛するとして、普段確定申告しないサラリーマンなどはこの「ワンストップ特例制度」を使用するとスムーズです。

ふるさと納税すると、後日寄附した証明書が自宅に送られてくると同時にワンストップ特例の申請書も来ます。それを返信用封筒に入れて必要な書類を入れて送り返せばOK

確定申告の場合は、個人個人が国に寄附金控除(寄附したよ!控除してね!)の申請を出しますが、ワンストップ特例制度の場合は、寄附した証明をそれぞれの自治体に送ることで自治体側でまとめて国に申請してくれます。「必要な書類は送っとくから、あとは自治体の方でよろしく!」てきなイメージです。

なんか送る先が違ったりとややこしそうに見えるので、簡単な図にしてみました。

確定申告の場合は直接税務署に送りますが、ワンストップ特定制度の場合は、寄付したそれぞれの自治体に送ります。

とりあえず、申請しないと何も始まらないよってことね

ワンストップを申請する場合は、寄附した先すべての自治体に申請書を送付する必要があります。また、ワンストップ特例申請は5自治体以内に寄附している場合に使えます。それ以上寄附している人はこのワンストップ特例申請を使えないのです。

正規の価格より高いんだけど…?

本来の目的は地方創生であって、返礼品がメインではないことを念頭に置いていただいてください。

正規の値段より高いですが、寄付額-2000円分は来年度の住民税から控除され、住民税が安くなるのでトータルで見ると2000円しか負担していないのに、グッズが手に入ったという構図になるのです。(上限範囲内での話)

あと前は、寄付額に対してコスパのいい返礼品があったりしたのですが、2019年6月から法改正により「返礼品は寄付金額の3割以下」「返礼品の内容は、その土地の一次産品または地場産品」というルール上で実施されることになりました。

 

昔はサーティワンのギフト券で40%還元だったり、テレビだったりと自由感があったそうな

現在・過去のふるさと納税を実施した作品例

邪神ちゃんドロップキック

実施期間:

クラウドファンディング型のアニメふるさと納税のパイオニア。一定金額を達成した暁には、その地方を舞台にしたOVA作品を寄附してくれた方に返礼品としてプレゼントする企画。

第一弾の「千歳編」は大成功し、邪神ちゃんドロップキックXの第13話で千歳編が公開されました。

【ふるさと納税】邪神ちゃんドロップキックXのOVA【ふるさと納税】邪神ちゃんXが今年も実施 去年は『邪神ちゃんドロップキック'(ダッシュ)』のOVAとして千歳編の制作が行われま...

千歳編を皮切りに他の地方にも繰り出す邪神ちゃん。北海道をはじめ九州まで旅行しにいくスタイル。ちなみに邪神ちゃんのメイン聖地は神保町です。

白い砂のアクアトープ

実施期間:2021年12月〜2022年2月

『白い砂のアクアトープ』は沖縄県南城市が聖地にあるため、今回ふるさと納税の寄附先のお礼として白い砂のアクアトープのグッズが用意されました!

邪神ちゃんドロップキックと異なるのが、クラウドファンディングではなく、通常のふるさと納税と同じ方式くらいです。描き下ろしイラストのタペストリーやクッション、額縁イラストが限定の返礼品になります。

こちらは「ふるさとファンド」からのみ受付可能ですので注意してください。

▼詳細はこちら▼

かくしごと

実施時期:2021年12月〜2022年

『かくしごと』は鎌倉が聖地になっています。登場人物の後藤嘉久志先生の実家がある場所ですね。アシスタントの人がえっせらと原稿を隠しに(収納)行ったところ。

こちらも描き下ろしイラストを使った返礼品がメインで、中にはドラマCDや劇場版のBlu-rayもあります。

 

ABOUT ME
Mr.碧(AOI)
サークル「とっとーと」で同人活動をしていますMr.碧の個人サイトです! かわいいイラストを中心に役に立ちそうなコンテンツを拡大していきます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。