今年の雙峰祭は戦いだ! – とっとーと

今年の雙峰祭は戦いだ!

11月になりました
この時期はどこも学園祭シーズンでもりあがっていますね
ゴー☆ジャスさんも今年も今が稼ぎ時なのでしょうか

11月3,4日に筑波大学の学園祭、通称雙峰祭(そうほうさい)にでかけてきました!
去年この大学を卒業してから半年ほどたっていますが
久々につくばに来てみると懐かしさを感じます。

特に一番感じたのが大学の広さとつくばのでかさ

在学中に移動はほぼチャリだったのが今回は基本徒歩
一緒に来ていた人が車持ちだったので大学までの移動は難無く済みましたが
やっぱり筑波大学、徒歩つらい!!

実委の脱出ゲームは短いからこそ難しい

学園祭では実委が開催しているリアル脱出ゲーム
今年はスパイ大作戦と古代遺跡探索の2種類あったので
古代遺跡の方にいきました
朝方にきたのでまち時間がそんなになかったのがよかったでず

で、脱出ゲームを4人で参加しましたが
初手の謎解きで割りかし時間食う事態にw

このゲーム、複数部屋があるみたいで1部屋あたりに時間が設定されている模様
なんとか最初の部屋は突破できましたが、最後の最後?で「カギ開いたー!ギリギリ間に合ったー!」と思ったら
「また謎解きかいっ!」ってツッコミたくなるくらいモノがひょっこりはんして終了。

あー悔しいなぁ
来年もまたチャレンジしたいです

あと、オープニングムービーがロケ地筑波大学のせいであまりのめり込めずニヤニヤしてしまったのは製作者に申し訳ないなー
でも初っ端から場所がわかってしまうのも大学をいろいろ回った結果なのでしょう。

漫研でコスプレと物販

ガチレイヤーさんにメイクしてもらいました
目の周りを変えるだけでも宝塚の男優みたいな感じに変わるんですね。メイクおそろしい

芸専エリアの本気

芸専エリアはいつも本気が見れて好きです。

今年はバトルかっ!誰と戦うんだ?教授?
ライブペインティングも後輩がやっているらしく迫力のあるビューティーガールが描かれていました。
残念ながら、ライブ姿を見ることはできませんでしたが…
あと、写真も取り忘れた

それにしてもあのでっかいキャンバスを2日で埋めるってどうよ。
独創性も生産性も高すぎて理系人間縮こまっちゃう!

ネコカフェでハグ&おさわり

まだあの有名な団体って活動しているんだ…
オプションもそれっぽく色々とありました。
一緒に回った人はライブドローイングをお願いしていました。
得意不得意はあるにしてもそこはさすが芸専の方々、初見のキャラクターでもオリジナルきかせながらこれ1発書きかよっ!ってくらい信じられない画力を見せつけられました。
一方、私はオプションをまじまじ眺めながら悩みつつ、「ネコとハグ」と「ネコとおさわり」をセットでできないかお願いし、承諾を得て

ハグからの尻もみ

を堪能させていただきました。柔らかかった
けど周りの視線は痛かった

なんかハマる人の心理じゃないですけどハマる人がいる理由がわかった気がします

ハンドメイドとかネタモノ

芸専ので出店で懐かしいものを見つけました。
つくばのゴミ袋

2年間お世話になったゴミ袋
よくよく考えたらゴミ袋って地域限定品だよな?
じゃあレア物じゃん!

そんなわけで燃やせるゴミ
の手鏡を購入。Tシャツもあったけど迷った結果利便性を重視。
こういうところの買い物も上手くなりたいなー


一個買ってしまうとリミッターが外れてどんどん買っちゃう現象
最近はやりのハンドメイド品を購入。

あと、同期が出店していたので、
一通りまとめ買い

ぎゃーー!!かわいい!!
コピック使いの魔女です!今度合同のイラスト本買わせてもらいます!

うちあげとかその後

夜は、びすちんでサングリアをつまみながら飯食ってました。
あと、ビリヤード楽しかった
久々にやってみたけど玉突いて落ちるの楽しいなー
初めての人も徐々に狙った球に当てれるようになっているのを見て、
自分の教える力があるのか初めての人の学習能力が高いのか、力の妄想をしながら力尽きました。
でもまだ20代だから…って思っちゃいかんのね

2日目、温泉入って、コメダ珈琲で朝ごはん
でももう体力がほぼないので芸専の図画団、漫研、管楽カフェで終了

後半の文字数が少ないのはその時のテンション具合と比例しているからです。
帰りのTXは死んでた。
その後、研究室の後輩からライン来て展示してると教えてもらいました。
…まじか、うちの研究室展示までやるようになったのか。

次は来年…、1年はなげーな。ここまででっかい学園祭行けるってなるから楽しみでしゃーないです。

Mr.スイル

サークル「とっとーと」で同人活動をしていますMr.スイルの個人サイトです! かわいいイラストを中心にコンテンツ拡大していきます! (今後は株主優待へのコンテンツ拡大を考えております)

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。